MENU

チャンピックスと禁煙のコツ

 

 

禁煙のコツというのはどのようなものなのかをご存知でしょうか。
喫煙者にとって禁煙の最も辛いところはその禁断症状です。

 

タバコを吸いたくて仕方ない、という症状に耐えることができずにそのまま禁煙が失敗に終わってしまうのです。
禁煙のコツの1つとして、使うことができるものはしっかりと使う、ということです。
ニコチンパッチはもちろんチャンピックスなどを使用するのもおすすめです。

 

また、周囲に禁煙をするということを公表することです。
禁煙すると名言することで自分にプレッシャーをかけることができます。

 

自分にプレッシャーをかけつつチャンピックスのような薬剤を使用することで、無理なくより確実に禁煙をすることができるのです。
また、病院の受診に関しても5回程度ですので時間もそこまでかかりません。
保険適用で購入することもできますので、2万円前後で購入することが可能です。

 

ただ、過去に禁煙外来を1年以内に受診しているのであれば保険適用外になりますので注意しなければなりません。
禁煙による離脱症状というのはずっと続くものではありません。
離脱症状が出ている時にはこんなにつらい思いを一生していくのか、と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

 

チャンピックスで禁断症状を予防

 

 

禁煙を目指している人にとっては、途中でいかに挫折をせずに禁煙することができるのか、ということが重要になります。
禁煙を行うことで体内におけるニコチンが不足すると、イライラしたり、不安感を感じるなど禁断症状に襲われるようになります。

 

大半の方がこの禁断症状に耐えることができずにタバコを吸い始めてすぐに禁煙に失敗をしてしまうようになります。
このような方にも効果を期待することができるのが禁煙補助薬になります。

 

これは、既存の薬剤とは異なった成分から構成されています。
ニコチンに依存している身体を改善する、という働きがあるんですよ。

 

この働きによって禁煙成功率を飛躍的に高めることができ、禁煙外来などにおいて使用されています。
その禁煙補助薬の中でもチャンピックスは非常に多く使用されています。

 

そもそも、禁煙することができない理由というのは、タバコに含まれているニコチンが脳に到達して、ドーパミンと呼ばれる物質を放出しているからです。
ドーパミンというのは快楽、リラックス感を得ることができる物質ですので、タバコを吸うことによる刺激を脳が忘れられなくなっているのです。

 

脳の問題となればやはり禁煙が困難であるということも分かりますよね。
やはりチャンピックスのような薬剤を服用する、というのがやはり効率が良いのです。

 

チャンピックスの副作用ってなにがある?

 

 

チャンピックスとというのは禁煙補助薬品と呼ばれるものです。
実はこのチャンピックスというのは副作用も確認されています。

 

このチャンピックスを服用すると、吐き気を感じることもあるようです。
この吐き気というのは空腹時にチャンピックスを服用した場合に最も多く現れると言われています。

 

そのため、チャンピックスを服用するのであれば、食後にチャンピックスを服用するようにしてみてください。
食後に服用することで、空腹時よりも吐き気をかなり緩和させることができるといわれています。

 

副作用というものは効果がしっかりと得られる薬剤の場合、ある程度は覚悟をしなければならないことでもあるのです。
とはいっても禁煙をするための薬剤で酷い副作用を感じてしまうのでは、禁煙に対しても消極的になってしまいます。

 

そのため、チャンピックスで禁煙をするのであれば、食後に服用する、ということを欠かさないようにしてください。
食後に一服をしていた方は、食後にチャンピックスを服用するようにしてみてはどうでしょうか。

 

禁煙になかなか成功できない方の多くは、食後の一服を止められない、ということもありますので食後にチャンピックスを服用するという習慣をつけるようにしてみてください。

 

更新履歴