MENU

禁煙による離脱症状

 

禁煙に伴う離脱症状というのは、禁煙をした場合にはほぼ間違いなく現れます。
例えば、タバコが吸えないイライラによって八つ当たりをしてしまうこともあるでしょう。

 

このイライラを抑えるために必要なことは、パッチによってニコチンを摂取することによってある程度は症状を抑えることができます。
この他にも頭痛や眠気、便秘になる方もいるでしょう。
これらには一時的なものですので、身体を動かしたり深呼吸をしてみるようにしましょう。

 

また、禁煙をしていることでお肌トラブルを引き起こすこともあります。
これは、好転反応というもので、タバコから摂取した有害物質を体外へ排出しようとする症状のことをいいます。

 

禁煙をしていく中で身体に色々な変化が起きるようになりますが、タバコをやめたことによる良い変化である、ということを忘れてはなりません。
治まるまではしばらく我慢をする、ということが重要になります。

 

ちなみに、この禁断症状の期間ですが、タバコをやめてから現れる症状ですが、禁煙をしている方にとってはいつまでも地獄の日々が続いてしまうのではないかと感じてしまいます。

 

しかし、ピークとなるのは2日から3日程度ですので、そのピークを乗り切れば問題ありません。